監視カメラを導入して住宅ガード【自宅の防犯性を高めよう】

セキュリティ

監視カメラの重要性

セキュリティ

監視カメラ設置状況と効果

監視カメラ設置は、現在日本でもイギリスのように繁華街など人通り多い場所に監視カメラの設置がされています。その台数も年々多くなっており、またスーパーマケットなどの小売業の万引被害は大きな問題になっています。もともと利益率の少ないスーパーマーケットなどで万引きの被害は運営上死活問題になっています。私服ガードマンなどを雇って万引き防止に取り組んでおり、万引き犯の検挙にも監視カメラの設置が貢献し、大都市の繁華街や駅のプラットフォームなどの人通りの激しい場所での犯罪の検挙にも効果をあげています。また地方自治おいても小学校などの通学路などに、不審者対策用にも設置されており、監視カメラの効果は犯罪の抑止に繋がっています。

情報の活用のスピード化と適正化

また監視カメラも種類が豊富で高性能のものから低価格のダミーの監視カメラまで販売されており、ダミーの監視カメラ等はゴミ置き場の不法投棄などにも効果を発揮しており、低価格でも十分効果がありこれからも監視カメラの設置場所が多くなって行き、色々な高性能な機能を備えて普及して行くはずです。監視カメラの効果で検挙率が多くなり、犯罪の対応が早くなるネットワークの管理が重要になってきます。24時間監視カメラを見続けるわけにも行きません。今話題になっているドローンや戦争に使われている無人飛行機など使い方を間違えると大変なことになります。正しく使うことができれば犯罪抑止や犯人検挙に貢献することは間違いありません。

自転車の防犯

キー

最近では自宅でも自転車が盗まれるケースが多発しているので自宅に置いているからと言って鍵を掛けなかったら問題が起こってしまいまいます。盗難されたくないのであれば鍵をしっかり施錠しましょう。

鍵交換をしっかりしよう

カギ

スペアキーを作成して、従来通りの鍵を使用し続けていると、犯罪被害に遭ってしまうおそれがあります。何かと物騒な世の中ですので、紛失時にスペアキーを作ったりせず、鍵自体を交換してしまう人が増えてきています。

鍵を紛失した場合の対応

カギ

鍵をなくしたときは、まずは落ち着いてポケットやバッグの中をよく探しましょう。案外出てきたりするのでよく探しましょう。それでも見つからない時は、専門業者に依頼することになります。